キャンプに欠かせないテント災害用にもぜひ準備しましょう!

2011年08月20日

ザック

フィールドと日数がザックの大きさを決める (容量


どこへ行くのか、日数は、季節は、など色々な要素で持っていくザックの容量は決まります。

バックパッキングではオートキャンプのように、なんでもかんでも持っていくと言うわけには行かない。

逆の考え方をすれば、車につめる容量も決まっていますので、持参する物をセレクトしなくてはいけない、オートキャンプのために、車を買い替えるわけにはいかない。
だがバックパッカーは、季節ごと、行動範囲、行動目的や宿泊日数などでザックをかえて対応できます。



ワンデイ ハイク
ランチ、ウオーター、コンロ、行動食、自然観測グッツなど、日帰りハイキングのザックの容量は20リッター前後の容量もあれば十分ではないかと思います。


オーバーナイト (山小屋利用)
テントもシュラフも持たない山小屋利用なら装備は、ワンデイとかわらない着替えなどを入れて40リッターもあれば、十分ではないでしょうか


オーバーナイト (テント利用)
テントを使う場合には、もっともコンパクトな物を選んだとしても、最低で60リッターは必要だと思います。


長期および海外トレッキング
基本装備はたとえ期間が長くなっても変わらない、増えるのはなんといっても食料と着替え、これに対応するザックは70〜80リッターのザックで、バランスのよい品物を選ばなくてはいけない、海外の場合はこれに細かな医薬品などが増えてきます。





細部チエックで、使い心地の良し悪しが、見えてくる (デザイン)


昔だったらザックが体に合わなければガマンするしかなかった
しかし現在はショルダーベルトのアジャスター機構や各種の調整機構のおかけで、まるでオーダーしたかのように、体に合わせて調整できる

ショルダーベルトのアジャストシステムは各メーカーがもっとも工夫している部分でここが、ちゃんと作られているか、どうかでそのメーカーのザックに対する力の入れ方がわかる
ここではかんたんに、調整機構をしょうかいします。


ソルトラダーシステム
一般的なシステムで調整に時間がかかりますが、軽量であると言うりてんがある、ベルト調整タイプ


ソルトラック サスペンションシステム
コイン1個で調整可能、ロウの特許ですが、他社製品にも採用


ウエッジシステム
指1本で調整が可能、欠点を言えば、調整が簡単になればなるほど、重量が増していく事ではないでしょうか


ショルダーベルトの他に、もう一つ重要なのがローディング システム、これはどのようにして荷物をザックに詰めるかの方式
これには2つあり上から詰めるタイプのドロップ ローディング タイプとフロントパネルを持つパネル ローディング タイプ、最近は殆どがこのタイプではないでしょうか
ここでは、2つのタイプの長所と短所を簡単に書いてみます。


ドロップ ローディング タイプ
長所
ザック自体がスリムなので、細い山道、急な上り坂などでもバランスが取りやすい、日本のフィールド向き
短所
慣れないとパッキングに時間がかかる、荷物が取り出しにくい


パネル ローディング タイプ
長所
パッキングが楽、中に入れたものがジッパーを開けるだけですぐに取り出せる
短所
ザックの型が横に広がりがち、狭い山道でちょっと困る場合がある


posted by テントナビゲーター at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ザック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。