キャンプに欠かせないテント災害用にもぜひ準備しましょう!

2011年08月08日

ドーム型テントの設営

ドーム型テントの設営方法



1.地面を整える
まずテントを設営する前に、テントを設営する予定の場所の地面を整えましょう。石が多いところにテントを設営すると、テント室内の床がでこぼこして居心地が悪くなりますし、地面がくぼんでいるところでは雨水が溜まりやすくなります。



2.インナーテントをげる
テントを設営する場所が決まり地面を整え終わったら、インナーテントを地面に広げ、どの位置にポールをセットするか確認します。続いてテントの入り口の位置を確認し、グラウンドシート部分を引っ張りながら四隅にペグを打ちます。



3.ポールをインナーテントのスリーブに通す
インナーテントのスリーブにポールを通して押し込み、ポールの一方の先端をグロメットにセットします。またこの時、ポールを引っ張ってスリーブに通すとスリーブの中でポールが分割してしまいますので、押しながら通すのが良いでしょう。ポール2本とも行います。



4.インナーテントを立ち上げる
全てのポールがスリーブにセットされたら、ポールを持って上に持ち上げる様に押し込むとテントが立ち上がります。人数がいっぱいいるなら、各ポールの端に1人ずつ付き、みんなで一斉にテントを立ち上げれば簡単です。



5.インナーテントの完成
そしてもう一方の先端をグロメットに差し込んで固定し、ウォール部のフックをポールに掛ければインナーテントの完成です。(両方のポールにこの作業を行います)



6.フライシートをかけインナーテントに固定する
本体が完成したらフライシートをインナーテントにかけます。このときフライシート各部が正しい位置にあるか確認しましょう。次にフライシートのすみとインナーテントのすみを固定します。フライシートの内側に本体と固定する紐やマジックテープがあれば、それも忘れずに固定します。



7.ロープをペグ打ちして完成
ロープをペグ打ちし、しわが出来ない様自在金具でロープに均一にテンションをかけて完成です。なおこのドーム型のテントはシンプルな構造なので、慣れれば10分ほどで設営出来てしまいます。

posted by テントナビゲーター at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ドーム型テントの設営方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。